目の構造と知識:近視・遠視・乱視・老眼や円錐角膜・ドライアイなどについてご説明します。


株式会社 日本コンタクトレンズ 静岡商事
静岡市葵区紺屋町8-6 地下街 パルコ前

Tel.(054)251-1121
 目の構造と知識
目のしくみ | 近視・遠視・乱視・老眼 | 酸素について | 円錐角膜 | ドライアイ

目のしくみについて

目はカメラのしくみに似ています

目の働きや構造は、よくカメラに例えられます。
目もカメラもレンズに入る光の量をうまく調節して、物の形を捉えています。
明暗も瞬時に判断して、絶妙な絞りとピント合わせが出来る目は、まさに超高性能カメラです。
目のしくみ

目とカメラの大きな違いはなに?

カメラはレンズを動かしてピント調節をするのに対し、目は見る物の距離によってレンズの厚みを変化させています。
また、人間は網膜上の逆さまの像を脳の働きによって、正しい位置に直しています。
目とカメラの大きな違い

▲Page Top


近視・遠視・乱視・老眼について

近視

網膜より手前で像を結んでしまうため、網膜上の像がぼやけてしまいます。
近視
※なぜものが見えにくくなるの?>>

遠視

近視とは逆に、像を網膜の後ろで結んでしまいます。
遠視

乱視

目に入ってくる物体の像を一点で結べずにズレてしまいます。
乱視

近視だと老眼にならないってホント?

老眼とは、正視・近視・遠視に関わらず誰にでも起こる老化現象の一つです。
水晶体が硬くなり、ピント合わせの能力が低下するために、特に手元が見えにくくなります。
近視の方の場合、もともと遠くより近くの物を見る方が得意なので、老眼にならないと誤解されがちですが、遠くを見るためのメガネやコンタクトをしていると、手元が見えにくくなります。

▲Page Top


酸素について

酸素透過性ハードレンズの酸素透過性はソフトレンズの3〜10倍

酸素透過性とは、コンタクトレンズがどれだけ酸素を通すかという値のことです。
酸素透過性が低いレンズでは、瞳が酸素不足になり、眼障害を引き起こす原因になりかねません。
酸素

角膜内皮細胞の変化

角膜内皮とは角膜の最も奥にあり、角膜の透明性を維持する上でとても大切な働きをしています。
酸素不足が長時間続くと、細胞の大きさや形が変化し、機能的に障害がでることもあります。
角膜内皮細胞は、一度ダメージを受けると再生することが出来ないので、長い目でみるととても大きな問題です。
角膜内皮細胞の変化

▲Page Top


円錐角膜について

円錐角膜とは?

角膜が円錐状に突出してくる眼疾患で、通常、強度の近視や乱視を伴います。
発症時期は思春期が多く、進行は7〜20年と個人差があります。明確な原因は不明で、軽度の場合を除き、眼鏡・ソフトコンタクトレンズでの矯正は不可能なため、一般的にはハードコンタクトレンズで矯正します。
しかし、ハードコンタクトレンズでも装用感が悪く、長時間使用できないことがあり、角膜頂点のこすれによる傷や瘢痕が発生することもあります。現在では円錐角膜専用のハードコンタクトレンズもあり、注目されています。

円錐角膜 円錐角膜 円錐角膜 円錐角膜

▲Page Top


ドライアイについて

ドライアイとは?

目を保護する涙が不足し、目の表面が乾いてしまう病気です。
ひどくなると、角膜や結膜に障害が起こってきます。
目がゴロゴロする、重たく感じる、充血する、まぶしい、目が疲れやすい、目が乾くなどが主な症状です。
ドライアイ


コンタクトレンズの定期検査について≫ 紫外線が目に及ぼす影響≫

株式会社 日本コンタクトレンズ 静岡商事
静岡市葵区紺屋町8-6 地下街 パルコ前

Tel.(054)251-1121
Copyright(C) Nippon Contact lens Shizuoka Commercial firm Co., Ltd, all rights reserved